アンティークカメラを持つ利点は何か。

アンティークカメラの魅力について
アンティークカメラとは、昭和35年より前に製造された古いフィルムカメラのことです。最近はデジタルカメラが普及したことで、フィルムカメラを目にする機会はめっきり減りましたが、このアンティークカメラはもっと目にする機会の少ないカメラです。
アンティークカメラは下手をすると博物館などに展示されているようなものもいくつかあります。一般の人にとってはそれぐらい馴染みの少ないものですが、コアなファンも多く現役のアンティークカメラも存在します。
カメラのことを知りたいなら、まずはこのアンティークカメラについて調べてみるのもいいかもしれません。
このサイトでは、アンティークカメラから、最近のデジタルカメラの紹介、撮影のテクニックなどをまとめて紹介していこうと思います。
初心者におすすめ デジタルカメラ選びのポイントについて
デジカメ選びは非常に迷います。家電量販店に行っても沢山の種類のデジカメが展示してあり、何がどう違うのか良く解らないといった方は多いと思います。特に初めて購入する方にとっては、価格以外に何を基準に選べば良いのかさっぱり、と感じることは少なくはないと思います。そこで今回は、初心者におすすめなデジタルカメラ選びのポイントについてご紹介したいと思います。
デジカメの種類について
一言でデジカメといっても、その種類やタイプは実に様々です。大きく分ければ、コンパクトデジタル、デジタル一眼レフ、ミラーレス一眼レフの3つに分類されます。この中でも主流となっているのが、コンパクトデジタルタイプのものです。手頃な価格とコンパクトなサイズから多くの方が選んで購入しています。そして一眼レフタイプのものは、見た目からもわかるとおりプロの方も使用する様な本格的なタイプとなります。
デジカメの選び方について
一般的には、価格や目的(何を撮りたいのか)によって決めると思います。間違いではないのですがあまりにも漠然としていますので、次の様なポイントを押さえておく事をおすすめします。まずは価格です。やはり色々な要望を求めてしまうとどんどん高額になってしまいますので、あらかじめ予算を決めておく事が大切です。次に画質を考えます。画質選びで注意したいのが、「画素数が多い=高画質」ではありません。むしろ画素数が増えるほど画質は低下すると覚えておくと良いです。画質選びの目安となるのは、センサーサイズとF値です。センサーサイズは大きいほどより高画質な画像を得ることができます。ちなみにコンパクトデジカメのセンサーサイズは1/2.3型が主流でかなり小さいものになります。一方、一眼レフタイプのものであれば、コンパクトデジカメに比べて10倍以上の大きさとなります。そして、F値はレンズの明るさを示すもので、この値だけで比較すれば、小さいほどレンズの方が性能が高いといえます。ただし、画質の判断はセンサーサイズとF値のセットで考える事が大切です。そして機能性です。動きの速い被写体を撮影する場合には高速オートフォーカス機能が備わっている方がおすすめですし、遠く離れたところから撮影するのであれば、高倍率ズームが備わったものがおすすめと、こちらも撮影するシーンによって選ぶ事が大切になります。
この様にデジカメ選びは、考え出すときりがありません。しかし上記に挙げた3つのポイントをおさえておく事で、悩む事は少なくなると思いますので参考にしてみて下さい。
スマホのカメラがすごく便利です

昔からカメラで何かを撮影するというのはなかなかしないタイプで、どちらかというと思い出はカメラに残すよりも頭の中に記憶しておくというタイプという人もいるのではないでしょうか。
なので一応デジカメは持っていても、特にカメラに撮っておかなくても良いやという感じだったり、肝心な時に持ってきてないということも多くありました。
しかし最近ではスマホにカメラ機能が搭載されているということで、気になる時にはパシャパシャカメラ撮影をするようになりました。
例えば道を歩いていて「良い景色だな」と思った時にカメラで撮影したり、忘れておきたくない手紙やチラシなど紙ベースで残しておくには置き場を取ってしまうようなものでも、カメラ撮影しておけば後からデータとして見ることが出来るので、そういった記録のためにも撮影しておく時もあります。
もちろん家族や友達との記念撮影も気軽に出来るようになり、スマホにカメラ機能が搭載されているのは本当に便利だなととても実感しています。
最近のスマホのカメラは本当に画質が良いので、時代の流れは本当にすごいなと思います。
また、カメラだけでなく動画も気軽に撮影できるようになり、それを持ち歩ける時代になるなんて本当にすごい世の中だと思います。

防犯カメラを活用しよう
カメラというと一般的には思い出を残すための写真を撮るものですけど、それ以外にも防犯カメラといって防犯のために作られたカメラもあります。
防犯カメラは不審者の映像や写真を残す事ができて、もし不審者に侵入された場合に多少役立ちます。また、防犯カメラがあるとそもそも侵入しにくいような状態を作る事ができますので、侵入されにくい可能性があり、安全面で効果を発揮してくれます。
防犯カメラは会社で多く使われていますし、重要な施設や部屋にも設置されている事が多いです。また、一般家庭でも取り付けている人が多くなっていますからそれだけ防犯の効果は高いです。
出来る限りフラッシュ機能が付いたものを選択します。人が近づいてフラッシュすると近づいた人はびっくりしますし、もしかしたら撮られてしまったと考えます。もし不審者ですとまずくなって逃げ出す可能性がありますからフラッシュ機能は不審者にとって効果的です。防犯カメラはやや金額が高いですけど、防犯効果に期待できますから余裕があれば取り付けるのがお勧めです。
複数設置しておくとそれだけ防犯効果が高まります。玄関を中心として不審者が侵入しやすい所に設置しておくと効果が高くなります。
Copyright (C) アンティークカメラを持つ理由 All Rights Reserved.